一定期間更新がないため広告を表示しています

最近ではモバイルSEO(携帯サイトSEO)もかなり活発になってきました。

その一方で、お小遣い系サイトや無料サービスの紹介などのアフィリエイトでは、なかなかSEOがしにくいというのも事実。

そういった分野では、ここしばらくはランキングサイトによるアクセスアップも継続して行う必要があるでしょう。

そんなわけで、「ランキングサイト」攻略に必要な3つのステップを簡単にまとめてみました。


ステップ1:“IN”と“OUT”の仕組みを理解する

ランキング攻略に欠かせない知識が、「IN」「OUT」についての理解です。

INとOUT
ランキングサイトに登録するとINタグを発行してもらえます。 このリンクをクリックさせるほど、ランキングで自分のサイトが上位に表示され、ランキングサイトからのアクセス(OUT)が増えやすくなる仕組みです。

ここで、気をつけなければならないのが水増し行為です。

ランキングサイト側では、暗黙の了解として勝手にOUTを水増しする行為が今でも行われています。
アフィリエイターのほうでも、OUTが多い優良ランキングサイトかを見るのと合わせ、不自然なOUTが付いていないかを判断しなければなりません。

ステップ2:サイト量産作業

携帯アフィリで成功している(いた)人のやり方の典型例の一つが、「子サイトの量産」です。

いくつもの子サイトを作ってさまざまなランキングに登録しまくり、小さなアクセスをかき集めます。
イメージとしては、アフィリエイターがSEOのためにごみの様なサイトを作っているのと同じ感じ。

子サイトのランキング登録
ここでは、中規模程度のランキングサイトを狙います。ぽっと出のサイトで、大手ランキングサイトの上位を狙うのはかなり困難です。

ステップ3:本サイトからは大手ランキングを狙う

ステップ1〜2で、小さなアクセスが幾つも得られるようになったら、最後にそのトラフィックを自分のメインのサイトへと流してあげます。

そうすると、本サイトでは常にある程度まとまったユーザ数が得られる状況が発生します。
そのアクセスを持って、大手ランキングサイト(個人的には5つ位にすることが多いです)への誘導タグを設置します。

大手ランキングサイト上位表示の効果は今でも相当なものがあり、かつOUT数(アクセスアップ量)も、上位表示されたページのほうがINに対して割が良い構造ができあがっていますので、リターンが増え続ける「正」の循環へと持ち込むことができます。

地味な作業ですが、かけた手間にある程度見合うリターンが得やすい構造です。
特に、携帯ユーザは母数と接触時間がハンパではないので、今でもこの方法が通用すると思います。